top of page
  • bobinzu

EB-1でニット生地にボタンホール

こんにちは。スタッフのはりかえです。

JUKIから発売された職業用ミシン専用のボタンホーラーEB-1。
先日、ニット生地に使うとどうですか?とのご質問がありました。
試し縫いや縫い見本は、すべて布帛でやっていたので、ニット生地でも試してみましたよ。

使ったニットは、スムースニットくらいの厚さのよくあるニット生地。
ボタンホールを作る部分に幅1センチほどの伸び止めテープを貼り、二つ折りにしました。

上の画像は角型両かん止め。
右側は、滑り止めシートなし。左は滑り止めシートあり。
滑り止めシートを使ったものの方が、きれいに縫えていました。
もしかしてこの生地で角型はイマイチ?と思い、放射型でも試してみます。

こちらはどちらも滑り止めシート使用しています。
右は放射両かん止め。左は放射縦かん止め。
右側の放射両かん止めは、かなりキレイにできました。
左側の放射縦かん止めは、実は伸び止めテープから外れてしまったんですよ。
なので、ちょっとよれよれしています。
伸び止めテープの上だったらもっときれいにできたと思います。

生地の厚さなどにもよりますが、伸び止めテープや滑り止めシートなどを使うことで、きれいなボタンホールを作ることができます。ただし、試し縫いは必須ですね。
こちらのボタンホーラーは店頭にございますので、実際に試してみたいなどのご希望がございましたら、お気軽にご相談くださいね。
また、「こんな生地はどうなの?」などのご質問がありましたら、教えてくださいね。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page