top of page
  • bobinzu

ミシンでステッチを入れるとき

こんにちは。スタッフのはりかえです。

最近寒くなったのもあって、朝しゃっきり起きられなくなってきました。

みんなどうやって起きてるんですか?気合ですか??


今日は、押さえの紹介です。

押えのステッチや、端のステッチを入れるとき、特に表に縫い目が出るときは曲がらないでステッチをいれたいですよね。

職業用ミシンでは、段付き押えを使うことで、きれいにステッチをいれることができます。

家庭用ミシンでは、押さえと針位置の変更で対応します。

写真は、ジャノメの「センター押え」です。

真ん中にガイドがあるので、そのガイドを生地の端や縫い目の上に合わせて、針位置を左に移動させてステッチをいれていきます。

すると、下のようなまっすぐ綺麗なステッチが入ります。



左が今回使用したジャノメのセンター押え。

右はJUKIの落とし縫い押さえ。

どちらも、落とし縫い用の押さえとして販売されていますが、針位置を細かく動かせるミシンであれば、今回のような使い方もできますよ。

各メーカーさんから同じような押さえが出ていると思います。

ステッチをいれるのに困っている方は、ちょっと調べてみるといいと思いますよ。


ジャノメとJUKIの落とし縫いの押さえは、当店に在庫がございます。

各種押さえのご注文も承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Bình luận


bottom of page