top of page
  • bobinzu

JUKI Kalos(カロス)20の修理

こんにちは。スタッフのはりかえです。

今年も残すところ一か月ちょっととなりましたね。

私、年明けは箱根駅伝を見に行きたいなと思っています。

家族の予定次第では行けないかもなのですが。

どこからでもいいので、近くで応援できるといいなと思っています。


今日は、過去のブログの再掲載です。


こんにちは。店長です。

埼玉県蓮田市からお持ち込みいただいたお客様の修理です。


JUKIのKalos(カロス)20 HZL-K20↓

スタートボタンを押しても動かないとの事(T_T)

スタートSW基板の不良なので交換です。

基板を交換して動くようにしてから縫いの確認をしたら目飛びをしていました(-_-;)

針と釜の関係が悪かったので調整しました。

お掃除・注油もして調子よく縫えるようになりました。

今年(2020年)は縫製機械整備士(国家資格)の検定が行われます。

一人でも多くの技能士が誕生してくれるとミシンを使うユーザーさん達が安心して手づくりを楽しめますよね(^^♪

閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page